© 2018 by Ai Suzuki

自己治癒としてのダンス、七夕の願い。

July 8, 2018

 

 

今日の昼間はベリーダンスの友達が

鎌倉の部屋に遊びに来てくれた。

 

さとちゃん、きよえちゃん、

ミーナ、イエマーニャ、の四人。

 

歳も仕事も何もかも違うからこそ、

好きなものでの結びつきは強い。

 

みんな踊ることが大好きで、

ベリーダンスを通して自分を知り。

 

セルフヒーリングもしていると思う。

 

みんな誰しも傷ついている。

 

でも自己治癒できる力も必ずある。

 

さとちゃんは少し早めに来て、

久しぶりのセッションも。

 

今月末に夫婦でハワイに行くので

その大切なイベントの前でよかったと

とても喜んでくれた。

 

誰かのためになることは

やはり何より嬉しい。

 

 

 

そして七夕の昨日は目白で、

5名の方と連続でセッション。

 

最初のKさんはボディートーク。

 

今はタロットレッスンにも

週1ペースで通ってくださっている。

 

次のSさんもボディートークで、

ピアノの先生で長年のお付き合い。

 

Sさんにはひと足早い誕生日の

プレゼントとカードを頂き恐縮した。

 

ドイツから一時帰国中のRさんは

今回が初めてのセッション。

 

お忙しい合間にいらしてくださった。

 

人生の目的、今後のライフバランス、

仕事の方向性をふくめて全体像を

リーディングしてアドバイス。

 

お土産にハンドクリームなど頂く。

 

 

Yさんも初めてのセッション。

 

アカシックリーディングで

仕事の今後、恋愛のゆくえを読む。

 

始まったばかりの恋が初々しい。

 

 

最後のまみさんも長年のお付き合い。

 

私の産前にはカルシウムのサプリを

たくさん送ってくださったり。

 

さりげない思いやりがあって。

 

自分よりもひとを優先する彼女は

インド旅行から帰国したばかり。

 

旅の出来事を一緒に振り返りながら

未来のビジョンを固めていく。

 

セッションを終えて、六本木へ。

 

友達のまりこさんと会ったら

吉野と熊野のお土産をもらった。

 

高野山・金剛峰寺が素晴らしかったと

玉置神社と熊野大社の御守りを。 

 

私はどちらもまだ行ったことがない。

 

図らずも盛りだくさんの七夕。

 

願いごとは特にしなかったけれど、

それが幸せということかもしれない。

 

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

特集記事

朝日新聞デジタルの取材にて。

June 28, 2018

1/1
Please reload

最新記事
Please reload

アーカイブ
Please reload

タグから検索