自分を生きるため、血の歴史。

May 7, 2019

 

 

令和になり、早くも一週間。

ちょうど元旦とも言える5/1は、
午前中から友達の紀子ちゃん邸へ。

この日はアクセスバーズの母体である
アクセスコンシャスネスが提供する
ボディープロセスのひとつ。

BMMという新しいメソッドを取得。

アクセスバーズを脳の断捨離としたら
ボディープロセスはその身体版。

なかでもBMMというのは、
ひとの痛みや生き方を自然となぞり、
生体模倣してしまっている刷り込みを
遺伝子レベルで消去するテクニック。

ひとは生き抜くため生まれた時から
親や周りの人々の真似をしている。

生まれて誰しも初めに覚えるのは、
親の顔色を伺い、空気を読むこと。

だから本当にオリジナルの自分は
自分自身ですら知らないと言える。

BMMのセッションを行うと、
その本来の自分自身に戻れる。

誰もまだ知らない、

まっさらな自分を何からも

固定されずに生きられる。

そんなパワフルなBMMのメソッドを
奇しくも令和初日に授けてもらい。

 

私のセッションの幅も広がると思う。

BMMをご希望の方はご予約時か、
セッション時にお伝え頂けたら
すぐに対応できるのでご遠慮なく。 

 

 

 

 

アクセスバーズのスペシャリスト、
紀子ちゃんは気さくで明るくて。

令和の始まりの日をともに過ごせて
不思議な繋がりとご縁を感じる。

ランチをしながら色々と話しこみ、
お正月みたいだと盛り上がる。 

 

大好きな周りの皆のためにも
私も自分を生きられたらと思う。 

 

 

 

 

紀子ちゃんの家から帰り着き、
5/1はそのまますぐセッションを。

令和初のクライアントは、

こちらも大切な友達でもある
公認会計士のゆきえさん。

仕事での大きな転機を迎えて、
四つの選択肢を念入りに吟味して
それぞれの行方をリーディング。 

 

思考のさまよう脳の迷路とは違い、

カードではクリアに結果が出て。

 

迷う余地もなく納得できたと、

思わず二人とも笑顔がこぼれた。

 

 

 

 

こちらは之恵さんの叔母様で、

5/4にいらしてくれたMさん。

 

姉妹や親子、叔母と姪など、

こうして大切な肉親の方と一緒に

通ってくださる方も多くて嬉しい。

 

脈々と続いていく血と歴史。

 

令和が良い時代になることを。

 



鈴木愛

 

 

 

 

 



 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

特集記事

朝日新聞デジタルの取材にて。

June 28, 2018

1/1
Please reload

最新記事