双子のおみくじ、ニーズを知る時間。

October 24, 2018

 

 

 

月曜日のベリーダンスから

週末までがあっという間で

気づけばまた満月。

 

蠍座の季節が始まる。

 

私の娘は蠍座で、粘り強さと

深い井戸をこつこつ掘るような

ストイックさもあるが。

 

ものすごく繊細で観察眼が鋭い。

 

いつも驚くのは食べ物でも

おもちゃでも迷ったことがない。

 

ざっと最初にメニューを見て、

もしくはお店の中をぐるっと回り

「これがいい」とあっさり答える。

 

惚れ惚れするほど男前というか

子供らしからぬというのか、

とにかく即決で揺らがない。

 

それだけ自分がちゃんとあって、

パッと見極めているんだと思う。

 

全員が変容を迎えている

今年も残りあとわずか。

 

蟹座の私も年末までは特に、

より深く自分のニーズと向き合う

蠍座の時間を大事にしようと

HPのタイトルも少し変えた。

 

自分自身に戻る旅。

 

魂の還る場所、見たい景色は

いつも自分だけが知っている。

 

まっさらな新年を迎えるためにも

それぞれが自分自身になる。

 

と、思って近所の香織ちゃんと

神社で久々におみくじを引いたら。

 

ふたりとも同じ番号で笑い合う。

 

こんな確率はどれくらい?

 

奈良の天川で出会ってから

かれこれもう9年近く、

双子のシンクロニシティも起こる。

 

先日、セーターを編んでくれた

ゆりさんも天川繋がりの友達で

付かず離れずで気を使わない。

 

個性豊かで伸びやかな友達たちが

あっての自分だとつくづく思う。

 

 

 

 

先週から今週にかけては

男性のクライアントの方が

かたまって多くいらっしゃった。

 

主に女性用のアクセサリーを

デザイン、作製を手がけて

ご自分のブランドを持つTさん。

 

今後の事業を伸ばすため、

新アトリエの具体的なビジョン、

私生活のアドバイスを重点的に。

 

 

 

 

そしてゴルフのレッスンプロで

関連会社も経営されているYさん。

 

過去生の知っておくべき記憶から

ご結婚の時期、お相手の特徴、

生活基盤である仕事の展望まで。

 

毎年、年末に近づくと男性の

クライアントの方が増えるので

バイオリズムがあるのかも。

 

一年の節目も近づくこの時期。

 

自分のニーズと繋がることを

意識した途端に現実が変わる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

特集記事

朝日新聞デジタルの取材にて。

June 28, 2018

1/1
Please reload

最新記事
Please reload

アーカイブ
Please reload

タグから検索
Please reload

ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

© 2018 by Ai Suzuki