ここから始まる、 良質のスパイラル。

November 20, 2018

 

 

 

とても濃かった9〜11日の週末。

 

まだまとめられていなかった

10日のセッションから。

 

この日のトップバッター、

Tさんは2012年3月が初めてで

それから折にふれて大事な節目に

リーディングにいらしてくれる。

 

前回は6月に六本木でお会いして、

今回は翻訳の仕事の課題と展望、

恋愛の流れを特に明確にした。

 

Tさんは元モデルで容姿端麗ながら

ずっと自信が持てず自己信頼が

セッションの普遍テーマだった。

 

けれども、翻訳を仕事にという

長年の夢を自分に許したことで、

生き方にも変化が出てきた。

 

公私ともにこれからが本番で

望んでいた軌道に乗る暗示。

 

自分の夢を叶えられるのは

今、ここにいる自分だけ。

 

過去も未来もここから始まる。

 

 

 

 

つづいてKさんは

7月以来のセッション。

 

さきほどのTさん同様、

6年ほど定期的に来てくださり

今年になってからは4回目。

 

そしてなんと嬉しいことに

前回のリーディング通り、

8月にご懐妊されたとのこと。

 

安定期に入ったタイミングで

報告も兼ねていらしてくれた。

 

この仕事ももう10年近くになり、

お互い独身時代から知っていると

感慨もひとしおでしみじみする。

 

幸い、つわりもほとんどなく

母子ともに健康そのものだったが。

 

妊娠期特有の肌荒れや肩こり、

尾てい骨の痛みなどが主訴として

今回はリーディングとセットで

初めてのボディートークを。

 

旦那様との信頼関係にまつわる

バランス項目が出て納得しつつ、

夫婦で育児をしていくビジョンを

見えづらくさせていた問題を

クリアにして心身から解放した。

 

次に、睡眠効率を上げるため

具体的に変えるべき環境因子を

つきとめてお知らせをして。

 

リンパの流れと経絡を整えたら

Kさんの顔色も格段に良くなって

お腹の赤ちゃんも元気に起きて

ぐるっと動いて挨拶してくれた。

 

来春に生まれる命が待ち遠しく

大きな楽しみがひとつ増えた。

 

 

 

 

えりさん主宰の素敵なスタジオで

先生とアシスタントを兼務する

Cさんは初めてのセッション。

 

アカシックリーディングと

タロットで激動の今年の意味を

確認してから未来への道筋を。

 

助産師の資格を持ち、

命の尊さを誰より身近に感じ、

自分の使命にそって生きたいと

願いながらもぐらつく自信。

 

でも、自分ひとりですべてを

完璧にしなければならない、

というコントロールを手放すと

思わぬ才能が開花する。

 

Cさんのボディートークでは

個と集団のバランスをうまく取り、

全体のなかで支え合う意識を

罪悪感と切り離して植え付けた。

 

個性を生かして全体を引き上げる。

 

良質なスパイラルで世界は回る。

 

 

 

 

 

Kさんからの差し入れのワッフル。

 

せっかくなので幸せパワーを

おすそ分けしようと思い。

 

仕事終わりで予定していた

後輩のゆりっぺ邸に持参して

ありがたくいただいた。

 

という訳で、濃い週末のまとめ。

 

ラストを飾る10日後半の部は

次の記事へとつづく。

 

 

 

 

 

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

特集記事

朝日新聞デジタルの取材にて。

June 28, 2018

1/1
Please reload

最新記事