月の女神と本当の強さ、消えない火。

August 6, 2018

 

 

 

大体において飽きっぽいくせに

こうと決めたらテコでも動かない。

 

典型的なAB型の私が長年、

続けていることのひとつに

ホットヨガがある。

 

妊娠から産後の時期をのぞいて

かれこれ7年は継続していて

自分でも驚いている。

 

身体の代謝が悪く、

汗をかきづらい体質で

むくみやすい私には

合理的なのだろう。

 

身体が欲するものは正しい。

 

ヨガはもともとは修行だから

当然ながら個人の内なる探求で、

それもこれまでの自分には

気楽でよかったのかもしれない。

 

でも去年ベリーダンスを始めてから

仲間と踊ることの楽しさを覚えた。

 

お互いが自立した存在で

個性を尊重し合いながらも、

同じ喜びを共有できることの

シンプルな感動に打たれた。

 

 

 

 

 

その喜びを教えてくれた

Yasmineさんも7月生まれ。

 

蟹座寄りのしし座さんで

情に厚くも孤高の気高さがある。

 

今日のレッスンのあと、

お祝いができて嬉しかった。

 

神宮前のデバダシスタジオの

Yasmineさんのクラスでは

アルテミスという月の女神を

テーマに今は踊っている。

 

月と狩猟の女神で独身を貫き、

森林の動物たちと暮らした。

 

自立した精神と自由を愛し、

女性と出産の守護者でもある。

 

 

ベリーダンスは露出も多く

色っぽい踊りと思われがちだが

"バースダンス"とも言われ。

 

出産中の女性を励ますために

周りで女性たちが腰を揺らして

踊ったダンスが起源とも。

 

大事なものを守る強さ、

願いを自分で掴み取る強さ、

様々なアルテミスのパワーを

クラスの仲間とシェアした。

 

 

 

 

 

Yasmineさんの踊りは

強く優雅で、女性性そのもの。

 

去年、この葉山のイベントで

ひと目惚れをしたのがきっかけで

いまレッスンを受けている。

 

今年の葉山のショーは

8/17に一色海岸の海の家である。

 

もう11年も続いている

夏の魔法のひととき。

 

 

 

 

 

 

そして今日、

8/6は広島原爆の日。

 

平和への切実な無心な願いを

それぞれの想いで刻んでいく日。

 

奇しくも今日のレッスンで

急遽、決まったことだが。

 

9/8に鎌倉の大船観音寺で行われる

平和祈祷イベントで踊ることに。

 

大船観音には原爆投下の日から

ずっと絶やさずに燃え続けている

"原爆の火の塔"がある。

 

次の世代が同じような

悲劇を繰り返さないように

原爆の恐ろしさを伝え続ける。

 

多くの尊い命の犠牲と悲しみが

平和の土台になっている事実を

忘れないためにできること。

 

ひとりひとりができることを

それぞれが続けていくしかない。

 

ベリーダンスをきっかけにして

本当の強さと平和について、

身体の内側から感じた日。

 

 

 

 

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

特集記事

朝日新聞デジタルの取材にて。

June 28, 2018

1/1
Please reload

最新記事
Please reload

アーカイブ
Please reload

タグから検索
Please reload

ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

© 2018 by Ai Suzuki