© 2018 by Ai Suzuki

弱点と精度、思わぬ魅力、意識の海へ。

August 2, 2018

 

 

 

 

8月もすでに三日目。

 

このままお盆を過ぎると

季節が早回しになっていく。

 

暑さは変わらないようでいて

すでに少しずつ秋の気配。

 

ちゃんと地球は回っている。

 

なんてことを思いつつ

ちょっと歩いただけで汗だくで、

目白の千裕さんとの待ち合わせに。

 

駅前のロイヤルガーデンカフェで

ランチを食べながら近況をお喋り。

 

そしてホロスコープをもとに

千裕さんのセッションを受ける。

 

8/12までは占星術的にいうと、

ライオンゲートが開いているそう。

 

太陽が星座移動する8/22までに

大切なことは決めるといいと

アドバイスをもらう。

 

太陽星座が蟹座、

月星座が水瓶座な私なので、

 

・7/12の誕生日

・7/13の新月@蟹座

・7/28の満月&皆既月食@水瓶座

 

と連続で強い影響を受けて

本当に新しい始まりの時らしい。

 

月と自然のリズムに合わせて、

充実した日々になるように。

 

 

 

 

 

時間を戻して、

昨日のセッションから。

 

先月、約半年ぶりにいらしてくれた

Mさんからのご紹介で、Eさんが。

 

アクセスバーズとリーディング、

そしてブレスレットのフルセット。

 

妹さんと一緒に麻布十番で

美容サロンを経営されていて、

仕事と恋愛の悩みが重なり。

 

この数年間の苦しい胸の内を

色々と話してくださった。

 

現在の恋の問題はタロットで、

魂の生き方の傾向と対策は

アカシックの情報から紐解く。

 

タロットは時間が唯一の弱点で、

近々のいわゆる占いは最も得意だが

一年後以降は途端に精度が落ちる。

 

なので、それ以降のことは

アカシックリーディングで補い、

精度を落とさないようにしている。

 

 

 

 

 

Eさんが選んでくれた、

8月最初の石はインカローズ。

 

自分で思っている弱点や欠点も

ひとから見たらチャームポイント、

だったりするのはよくある。

 

アカシックがタロットを補うように

苦手なことは周りに助けてもらい、

自分を認めて、それを開くこと。

 

 

 

 

 

仕上げにアクセスバーズを受けて、

すっきりと笑顔になって私も嬉しい。

 

Eさんにしかない才能、

華やかな魅力が溢れるような

ブレスレットになった。

 

 

 

 

 

つづいては世界中を仕事で飛び回り、

三箇所の家を往復する毎日のHさん。

 

やり甲斐のある多忙な仕事、

フランス人の優しい旦那様、

かわいいお子さん達にも恵まれて

なにひとつ不自由のない生活。

 

と、自分でもわかっているけれど

ぬぐいきれない欠乏感と虚しさ。

 

家族を振り回しているのでは?

という罪悪感を打ち明けてくれた。

 

現実的なHさんはもうしっかり

自己分析はできていたので。

 

私にできる貢献として

アカシックの情報からご家族の

これからに役立つであろう、

愛情の土台になる過去生を

ピックアップしてお伝えした。

 

こういう仕事をしていると、

歴史上の人物、またはその側近に

いたであろう過去生をもつひとに

たまに出会うことがあるが、

Hさんもそのひとりだった。

 

むやみに知らせても意味がないが、

今回はその情報がHさんにとって

有効な情報であったのでお伝えする。

 

すると、聞いたそばからHさんは

その過去生にリンクする思い出、

出来事を驚きながらも教えてくれた。

 

それと同時に、

今世で満たされなかった想い、

過去から持ち越した怒り、悲しみが

溶けていくのが見ていてもわかった。

 

 

魂の転生に関しては宗派もふくめて

様々な解釈があるのはよくわかる。

 

ボディートークでも転生については

アカシックリーディングとは異なり、

ひとつの魂がそのまま転生はせず。

 

死後に魂は意識という海に溶けて、

また生まれるときにバケツ一杯分の

(コップでもひしゃくでもいいが)

意識を持ってくると言われている。

 

つまり海で溶け合っているので、

これは誰々の記憶、というように

固定されたものではなく。

 

その"かけら"を持っている、という

言い方をボディートークでは選ぶ。

 

 

その捉え方の違いは多々あれど、

いずれにせよ魂の物語は深遠だ。

 

壮大な謎解きであると同時に

現実を生きる力にもなってくれる。

 

Hさんの心底ほっとしたような、

やっと家に帰り着いたような表情に

私も嬉しく報われた気持ちになった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

特集記事

朝日新聞デジタルの取材にて。

June 28, 2018

1/1
Please reload

最新記事
Please reload

アーカイブ