© 2018 by Ai Suzuki

昼下がりの訪問、長い帰路と笑顔たち。

July 29, 2018

 

 

 

今日は新百合ケ丘まで、

入院している友達のお見舞いへ。

 

ちょうどお昼時の到着になり

近況を教え合いながら

個室でランチを食べた。

 

運ばれてきた病院食と、

私は売店で購入してきた

彼女のおすすめのパン。

 

何度もいろんな場所で

これまで食卓をともにして、

同じものを食べられないのは

そういえば初めてのことだ。

 

新しい病院は清潔で明るくて

どこもかしこも快適だった。

 

でも今度はやっぱり違う場所で

同じものを食べたいと思った。

 

帰り道はとても長く感じた。

 

 

 

 

 

 

今年の前半はあっという間で

ブログもほとんど書けなかった。

 

書きもれている日々から

ちょっとずつ。

 

病院から帰ったあとで

笑顔の写真を並べたくなった。

 

 

 

 

 

親友のまりこさん、

いつも素晴らしい写真を撮る。

 

ご近所なのになかなか会えず。

 

来月はやっと一ヶ月遅れで

合同の誕生会ができる。

 

 

 

 

 

ちかちゃんという友達が

この数年で急に増えた。

 

こちらは素敵なミセスの。

 

歳の差もまったく気にならず

姉妹のように何でも話せる。

 

 

 

 

ちえちゃんもそんな間柄。

 

アロマのトリートメントで

来週は自由が丘まで来てくれる。

 

とてもピュアで優しい。

 

 

 

 

鎌倉の大切な友達のひとり。

 

Mちゃんは四人兄弟で

人馴れしているせいか、

何があっても動じずに寛容。

 

頼り甲斐のある妹のような。

 

 

 

 

 

あきなは3ヶ国語を操るイケメン。

 

ではなく、

誰よりもシャイな女の子。

 

世界各国の友人と繋がっていて

大きな夢を叶える準備をしている。

 

 

思えば、たくさんの友達と

たくさん語り合った今年の前半。

 

今日もお見舞いから帰ると、

ベリーダンスの友達ミーナが

茅ヶ崎から用事がてら来てくれた。

 

 

 

 

 

ミーナのアーユルヴェーダと

タロットを組み合わせて、

女性の心身を楽しくケアできる

ワークショップができたらと。

 

その打ち合わせもすこしだけ。

 

その後、スカイプセッションを

6月以来の再会の宮城のSさんと。

 

身体も心もよく動いた月曜日。

 

 

 

 

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

特集記事

朝日新聞デジタルの取材にて。

June 28, 2018

1/1
Please reload

最新記事
Please reload

アーカイブ