© 2018 by Ai Suzuki

マヤ暦と初詣、赤い宇宙の月の年。

July 26, 2018

 

今日はセッションは入れずに

ゆっくり過ごそうと決めていた。

 

氏神様の自由が丘熊野神社へ

引越しのご挨拶がやっとできた。

 

境内で小学生の課外授業に遭遇。

 

思わず引率の指導員の方の

神社の説明に聞き入る。

 

そういえば、

熊野大社には行ったことがない。

 

先日ふと11月頃に行こうと思い立ち

友人といま計画を立てている。

 

どうせなら宿坊に泊まり、

伊勢神宮にも行こうと思っている。

 

 

 

話は逸れたが、

これからお世話になる氏神様。

 

熊野神社で頂いたお守りなど。

 

こちらの御朱印はイラスト付きで

毎月、絵柄が変わるとういう

なんともニクい心遣い。

 

実際に参拝してみると

想像以上にパワフルで、

頭がぐらんと揺れるよう。

 

きっといろんな変化があるだろう。

 

 

 

どうにも引越しから慌ただしく、

仕方なく今日になってしまったが。

 

7/26はマヤ暦のお正月にあたる、

新年のスタートの大事な節目。

 

結果、そんな素晴らしい元旦に

早速の初詣ができたことになる。

 

昨年から友人に勧められて

マヤ暦の手帳を使っているが、

こういった無意識の行動の

シンクロニシティが増えていく。

 

宇宙と人生を知り尽くし、

遊び心とユーモアを駆使して

現世を最大限に生ききる。

 

善も悪も幸も不幸も超越した

28日×13ヶ月のリズムで時を刻む。

 

それが13ヶ月の手帳の真髄。

 

今年も二冊目を購入した。

 

マヤ暦では今日から

「赤い宇宙の月の年」が始まる。

 

タロットでいうと"魔術師"と

”月”のカードの競演のイメージ。

 

呪術的で繊細でうごめくような

浄化と解放の強いエネルギー。

 

不可能が可能になる月夜。

 

今日から始まる、そんな一年。

 

まっさらなカレンダーに

それぞれの未来が描かれていく。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

特集記事

朝日新聞デジタルの取材にて。

June 28, 2018

1/1
Please reload

最新記事
Please reload

アーカイブ
Please reload

タグから検索