© 2018 by Ai Suzuki

べつばらの味、原始的でシンプルで愛のあること。

July 6, 2018

 

 

 

 

鎌倉に住んで良かったことは、

ひらたく言えば、空気がちがう。

 

自然と呼吸が楽しくなる。

 

緑の匂いと潮風が混じり合い、

思わず深呼吸をしたくなる。

 

 

 

 

歩いて海に行けるのも、

日常のなかの最高の贅沢だと思う。

 

そんな鎌倉の暮らしのなかで

たくさんの人と新たに出会った。

 

「べつばらドーナツ」の店主、

同じ名前のあいさんもそのひとり。

 

 

 

ちらっと写っているエプロンの女性。

 

「あい」はひらがなだそうで

その名の通りにやわらかな。

 

でも売り切れ必至の名店を

ずっと切り盛りしているだけに。

 

冷静な判断力と鋭い読みの感性も

しっかりと持ち合わせている。

 

そんなあいさんと

なにげなく話していたら。

 

アカシックリーディングに

ずっと興味があったとのことで。

 

来週初めてセッションに来てくれる。

 

こうして日常の会話のなかから

仕事のご縁が繋がるのも楽しい。

 

あいさんは絶品ドーナツを作り、

私は唯一無二の物語を差し出す。

 

それぞれが得意なこと、

好きなことをお互いに与え合う。

 

原始的でシンプルで、愛がある。

 

これぞ仕事の原点だよなあと思う。

 

 

そして、人生もそうありたいと思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

特集記事

朝日新聞デジタルの取材にて。

June 28, 2018

1/1
Please reload

最新記事
Please reload

アーカイブ
Please reload

タグから検索