© 2018 by Ai Suzuki

連続の理由、変化とひとつだけの輝き②

July 6, 2018

 

 

だいたい毎週土曜日は、

5,6名の方と連続でセッションする。

 

玄関のチャイムが鳴ったら、

前の方のセッション終了の合図。

 

 

 

入れ替わり立ち替わりで、

クライアントのみなさんには

ちょっと申し訳ないのだが。

 

性格的に自分で時間を切れないので

この方式をとらせてもらっている。

 

 

 

疲れませんか?とよく聞かれるし

心配してくださる方もいるが。

 

逆に切れ目がないほうが、

緊張が解けないので私はいい。

 

休憩を挟まないとダメなひとも

きっといると思うので。

 

生まれもった性格というか、

これは生活の知恵にも似た

性癖のようなものだろう。

 

 

 

この文章の間、セッション同様に

連続で登場してくださったのは。

 

6/30土曜日の6名のみなさん。

 

 

そのなかのひと組み、

TさんとYさんは叔母と姪の関係。

 

この日はどちらもネックレスを

オーダーしてくださった。

 

ブレスレット以外のものも、

工夫しながら変化があって楽しい。

 

 

 

こちらは6/18のSさんのネックレス。

 

いつもながら、

みんなそれぞれの

ひとつだけの輝きに見とれる。

 

 

 

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

特集記事

朝日新聞デジタルの取材にて。

June 28, 2018

1/1
Please reload

最新記事
Please reload

アーカイブ
Please reload

タグから検索