© 2018 by Ai Suzuki

最速の梅雨明け、引越し魔とタロット②

July 1, 2018

 

たまにはリアルタイムで快晴の横浜。

とは言っても、今日の日中のお話。

名古屋在住のクライアントTさんは
スカイプでタロットレッスンを
毎週、受けてくださっている。

今日は都内で用事があるとのことで、
横浜で少しだけお会いすることに。

 

明治神宮と田無神社に行かれたらしく

よかったら新しいサロンにどうぞ、と。 

 

新居の部屋で炊くといいという、

家祓い用のお香と岩塩をくださった。

 

こんなものがあるとは初めて知った。

 

ありがたく頂いて、しばし談笑する。

 

私は引越し魔として仲間内では有名で。

 

部屋の更新をしないばかりか、

それを待たずに引越すことすらある。

 

理由はいとも単純で、

いろんな街に住んでみたい。

 

せっかく憧れの東京に上京したのだから

見たことのない景色を沢山見てみたい。

 

ただ、それだけ。 

 

試しにざっと住んだ駅を並べてみても。

 

都立家政、落合、三軒茶屋、千駄ヶ谷、

中目黒、泉岳寺、白金高輪、広尾、鎌倉。

 

脈絡がなさすぎて行き当たりばったりの

私の人生が透けて見える気がするが。

 

そんななかでも白金高輪はご縁あって

珍しく10年近く住むことになった。

 

土地との相性というのもあるが、

人生の動と静のタイミングでもある。

 

そして新しく、自由が丘が増える。

 

まるでジプシーのようだと思えども、

私が仕事で使っているタロットカードは

 

ジプシーが中世ヨーロッパに持ち込み

世界中に広まったという説がある。

 

そう考えれば、私のとんだ放浪癖も

致し方ないことなのかもしれない。

 

せめて良い影響を広められたらと思うが

それはこれからの私の努力次第だろう。

 

Tさんからのさりげない励ましに感謝した。

 

 

今日はさらに嬉しい贈り物を持って、

横浜に行く直前の時間帯に。

 

久しぶりにYさんが鎌倉へ、

セッションにいらしてくださった。

 

長年のクライアントで年齢も近いけれど

 

人生に寄り添って時を重ねていると

みんな大切な娘のような存在になる。

 

 

Yさんもついに素晴らしい伴侶に出会い、

この秋に東京大神宮で挙式をする。

 

今日は送り迎えでいらした、

旦那様にもお会いしてご挨拶ができた。

 

入籍の時には証人欄に記名をしたので、

こんな私でいいのかと申し訳ないが。

 

名実ともに親のような気持ちで

式の招待状を手渡しで受け取ったら。

 

じんわりとした、幸せな重みを感じた。

 

今回はボディートークとリーディング、

そしてオーダーブレスレットも作製。

 

Yさんが選んだのはカーネリアン。

 

子宮のケア、女性性の解放という

セッションのテーマにも合致する。

 

この季節にふさわしい太陽の石、

シトリンもプラスした夏のブレス。

 

 

女性が朗らかに笑っていられたら、

家庭も社会もさらに健やかになる。

 

勇気をもって新しい道を歩みだした、

Yさんの笑顔は自信と喜びに満ちていた。

 

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

特集記事

朝日新聞デジタルの取材にて。

June 28, 2018

1/1
Please reload

最新記事
Please reload

アーカイブ